バーミヤンは高カロリーだが痩せる。ダイエットに効果的な訳

飲食店

バーミヤンは全国にチェーン展開をしている中華料理のファミリーレストランです。
すかいらーくグループが運営しているという事もあり、リーズナブルで美味しい中華料理が楽しめると、ファミリー層にも非常に人気があります。

バーミヤンに行くと、ついあれもこれもと注文をしてしまいがちですよね?
とくに、炒飯や餃子などの定番メニューは欠かすことができないメニューです。
ダイエット中に行くと、つい食べ過ぎてしまわないかとひやひやすることもあるでしょう。
しかし、全体的に脂っこく味付けも濃い印象のあるバーミヤンは高カロリーであるにもかかわらず、痩せる事ができるというのです。
それは一体なぜなのでしょうか?
バーミヤンがダイエットに効果的な訳についてまとめてみました。

当サイトでは、ダイエットにおすすめの厳選サプリメントも紹介しています!

ぜひ参考にしてみてください!


↓こちらもオススメ↓


バーミヤンのカロリー

バーミヤン①

バーミヤンは、中華料理店になりますので、全体的に脂質が多くこってりとしたメニューが多いのが特徴です。

一見するとヘルシーにも見える豚肉とキクラゲ玉子炒めなどは、驚きの

1224kcal

です。

また、本格焼餃子なども6個で

510kcal

となかなかの高カロリーになります。

自分で好きな分量の四川山椒をかけて食べる事ができる四川麻婆豆腐なども、豆腐を使っている分ヘルシーに思われがちですが、

759kacl

と非常に高いカロリーになっています。

バーミヤンがダイエットに効果的な訳

このように、脂質が多く脂っこいものが多いバーミヤン。

これだけ高カロリーにもかかわらず、食べ方次第では痩せる事ができます。

バーミヤンがダイエットに効果的な訳は、カロリーの高さと脂質の多さにあります。

高カロリーな食事は非常に腹持ちが良く、不要な間食を防ぐことができます。

ダイエットにおいて間食はやはり太る原因となるため、大敵です。

また、脂質が多く糖質が少ないメニューが多いため、脂肪の燃焼にもつながりやすいという特徴があるのです。

このようにバーミヤンにはダイエットに効果的なメニューが多くあるのです。

餃子

バーミヤンのやせた後の食べ方

味付けがはっきりしているバーミヤンの料理でも、糖質をほぼ取らずにすむメニューがたくさんあります。

やせた後などの場合は、できれば炒飯やラーメンといった炭水化物が中心となるようなメニューではなく、豚肉とキクラゲ玉子炒めや唐揚げ、特性コク旨マーボー豆腐のような糖質の少ないメニューを中心に食べると良いでしょう。

高カロリーであぶらっぽいメニューでも全く心配はいりません。

むしろ肉などの脂質は代謝を上げてくれるため、ダイエット中やダイエット後にもおすすめなのです。

バーミヤンの食べ方の注意点

ただし、脂質が多くカロリーが高いからといっても、白米などを食べ過ぎてしまっては、あまりダイエットに効果的だとは言えません。

ご飯は糖質を多く含む炭水化物になります。

バーミヤンには味付けが濃く、辛いものも多いため、ついついご飯を食べすぎてしまう傾向にあります。

特に麻婆豆腐などは注意が必要です。

辛いものを口にしてご飯が食べてしまいたくなるようであれば、麻婆豆腐などのメニューは避けて、バンバンジーなどを選ぶとよいかもしれませんね。

マーボー豆腐

まとめ

バーミヤンは油を使っている料理が非常に多いため、全体的に高カロリーとなっています。

しかし、バーミヤンの様に高カロリーな中華料理を食べても、痩せることはできます。

中華料理には、高カロリーでも脂質の多いメニューが豊富にあるため、糖質を摂らずにお腹いっぱい食べて満足することも可能です。

しっかりとカロリーを摂れば、その分間食もせずに済みますので、ダイエットにおいても非常に効果的だと言えるでしょう。

当サイトでは、ダイエットにおすすめの厳選サプリメントも紹介しています!

ぜひ参考にしてみてください!


↓こちらもオススメ↓


タイトルとURLをコピーしました